SSブログ
中村木材レポート ブログトップ

コシヒカリ販売しています! [中村木材レポート]

実家の三重県四日市市桜町産のお米を販売しています! 鈴鹿山麓の伏流水を使って脱穀から精米まで全て兄家族が一括管理しています。混じりっけ無しのコシヒカリは安心でとても美味しいですよ~。 新米は特に美味! もはや別の食べ物です。是非ご賞味くださいませ。 ご興味のある方、無料サンプルをお送りしますので、お気軽にご連絡ください。宅急便代など計算して代金をご連絡します。是非!

okome.jpg

コメント(0) 

キヌヒカリ販売しています! [中村木材レポート]

実家の三重県四日市市桜町産のお米を販売しています! 鈴鹿山麓の伏流水を使って脱穀から精米まで全て兄家族が一括管理しています。混じりっけ無しのキヌヒカリは安心でとても美味しいですよ~。 新米は特に美味! もはや別の食べ物です。是非ご賞味くださいませ。 ご興味のある方、無料サンプルをお送りしますので、お気軽にご連絡ください。宅急便代など計算して代金をご連絡します。是非!

10665863_700089650085228_6665908757865982557_n.jpg

コメント(0) 

建前 [中村木材レポート]

2月中旬、祖父と祖母の法要があり、週末、実家へ帰りました。お参りは日曜日でして、その前の日の土曜日、建前(建て方)があり、家を掃除するのを手伝うよう言われたのですが、どうせ手伝うなら掃除ではなく、もちろん、「建前行くわ!!!」 ってなことで、かれこれ15年ぶりのお手伝いとなりますが、中村木材http://www.nakamoku.jp/index.htmlの建前に行って参りました。

120211 中村木材 建前 002.jpg

いや~。母にタオルとヘルメットをかぶせてもらって、ひさしぶりに建前に行けるとワクワクしてしまいまして、朝、工場で写真を撮ってもらいました。工場のお手伝いは子供の頃からですので、原点の姿とでも言いましょうか。このワタクシの姿を見て、大工さんの第一声は、「母ちゃんによ~似てきたなぁ~。」 ^^; オホホホホ。。。

120211 中村木材 建前 003.jpg

土曜日の朝、7時半頃、現場に到着しました。もう大工さんはいらっしゃいまして、薄らかかった雪をはいていました。まずは、この丸太で組まれた足場に驚愕。さすが材木屋。参りました。思わずこの階段に登ってみましたが、外側に向かってたわむたわむ。 

120211 中村木材 建前 015.jpg

↑ お天気は回復しまして、寒いながらも太陽の元でお仕事です。クレーン車も到着しまして、パタパタと組み上げ始めました。地組と言いまして、 ある程度、柱と梁を地面で組んでおくのですが、前日におおよそ組んだようで、早い早い。

いえいえ、それより驚愕なのは、人数です。大工さん一人に、クレーン操縦士さん一人、父、兄、ワタクシと、5人の建前です。こんなに少ない人数でやる建前、経験ありません。ワタクシはクレーンで釣り上げる材料に紐をからげる役目でしたので、建物は3人で組む感じです。しかもその3人中、2人は、いわば、工務店の自前です。なんと合理的な! 大工さん曰く、「よ~けおったって、実際、動いとる人少ないであかんわ~」 ええ。その通り。建前は実にテキパキと、滞りなく進みました。サスガ!!! 

中村木材は現在、兄が図面を書いています。昔は父や母が手書きの綺麗な図面を書いていました。経費が抑えられるということは、建物に十分お金をかけられるということですから、お施主さんにとっては好ましいことと思います。営業さんがいる工務店さんは、その分建物にお金が乗っているということです。もちろん、設計屋が入れば、その分建物にお金が乗ることになります。

いわば、中村木材のやり方で言うと、設計屋のワタクシは余剰人員と言えましょう。(;_;) 田舎では食べていけない、理由のない設計屋でございますが、せめて営業と設計屋が兼務できれば必要なお金と認めていただけるのではないか、と信じ、ワタクシはこのごろの仕事に向かっています。(-_-;)

120211 中村木材 建前 028.jpg

↑ お昼には1階が組み上がりました。早い早い。 2階まで伸びる柱は、通し柱です。

120211 中村木材 建前 033.jpg

↑ 2階に資材を置いて、午後から2階から上を組み上げます。室内から見える柱は汚れ防止に紙を巻いてあります。子供の頃、紙巻をよく手伝いました。 柱は桧、2階の床梁は米松です。大きな力がかかるところは地松が使われています。 写真中下あたりに青いバンドが見えますが、これは荷物をからげるバンドです。このバンドで柱と柱を引き寄せるわけでして、二人分くらいこれで稼いでいるのでは???

120211 中村木材 建前 047.jpg

↑ 大工さんが手加工で刻んでいます。柱と梁の接合部は昔ながらの組み方が基本で、ボルトを併用する構法です。ワタクシは勤め人の頃、ボルトを使わない仕口継手(接合部の組み方)を基本とした民家型工法というのを学びました。実家の建物は実際、ボルトを使わず、元宮大工の父が刻んで建てたものなのですが、その父曰く、「ボルトを使わないで収めようと思うと、柱は8寸(240×240)、梁は尺2寸(120×360)以上いる。」 それが本当のところではないかと、実は、感じています。それより小さい材料を使えば、仕口を刻んだ後の柱の残りが少なくなるので、逆に弱点になると思うのです。実際、実験をしてみると、差鴨居の仕口のところで柱が折れることが多いと聞きます。 

120211 中村木材 建前 067.jpg

↑ 手加工の例を一つ、軒桁(のきげた)といいまして、2階の横方向の材の接合部です。金輪継ぎ(かなわつぎ)と言います。材料と材料をつなぐ仕口です。 クレーンで材料を2階の床に上げまして、そこで地組し、つなぎます。

120211 中村木材 建前 069.jpg

 ↑ 栓を中央に打って、材がつながりました。 

120211 中村木材 建前 075.jpg

↑ つないだ軒桁を柱に組みます。建物の端から端へ、長い材になりました。 まぁ~、この組上げが面白くて、隙を見て2階に登るのですが、その度に父から、「下におってクレーンの紐通してくれなあかん!」 言われて、そそくさと降りて、また登って、を繰り返しておりました。

120211 中村木材 建前 099.jpg

↑ 小屋梁(2階の軒桁レベルの梁)は全て梁勝ち(柱が梁に刺さる仕口)です。写真右は台持ち継ぎです。これも古くからの大工さんの技です。 

120211 中村木材 建前 104.jpg

 ↑ 下の面に穴が2つ見えますが、そこに木の栓を打って、材をつなげます。

120211 中村木材 建前 107.jpg

↑ 屋根の下地となる母屋(もや)という材料です。桧ですね。桧の節は赤いのでよくわかります。 ちなみにこの継手仕口は「腰掛け鎌継ぎ(こしかけかまつぎ)」と言います。 

120211 中村木材 建前 110.jpg

 ↑ そして、土曜日の作業が終わりました。屋根が未完成で、次の日の日曜日にクレーン士さんにもお願いをして、続きを進めました。月曜日の午後から雨が降るというので、それまでに屋根にルーフィングをかけたいところです。

で、日曜日もお手伝いしたいな~なんて、父に嘆願したわけですが、お参りに行くよう促されまして、ちょっと残念。こんなこと言ったら、祖父と祖母に叱られるかしらん。

120211 中村木材 建前 114.jpg

↑ 月曜日、東京へ帰りがけに現場に寄りました。 屋根の形も出来上がり、建物のボリュームがはっきりしてきました。 

120211 中村木材 建前 116.jpg

↑ 墨つぼです。簡単に言うと、大工さんが使う鉛筆、線引き道具です。子供の頃いたずらをして、よく叱られました。 

120211 中村木材 建前 118.jpg

 ↑ 屋根には杉板(野地板と言います。)が貼られていました。雨が当たる軒の部分は、杉でも丸太の芯に近い赤みの部分を使っています。杉の赤みは湿気に強い材料です。 適材適所に気遣いしてこその木です。

兄と義姉とでルーフィングを貼っていました。義姉はもうすっかり材木屋の女将さんです。

120211 中村木材 建前 121.jpg120211 中村木材 建前 129.jpg

 ↑ 小屋梁に地松が使われていました。すごい迫力です。 梁に黒い線が見えますが、この線は先ほどの墨つぼで付けます。湾曲する材に対して建物の水平位置を示します。 

120211 中村木材 建前 122.jpg

 ↑ 地松の軒桁、綺麗ですねぇ。木目にうっとり。 

120211 中村木材 建前 125.jpg

 ↑ 垂木(斜材)の桧の白材に、野地板の杉の赤みが良く映えます。美しいですねぇ。

実に楽しい研修でした。まずは、お施主さんに感謝したいと思います。さすが材木屋です。力強い構造体に惚れ惚れ。何度見ても良いものです。


コメント(0) 

土壁 [中村木材レポート]

このお盆は実家に帰ることが出来ました。恒例の兄(中村木材㈱http://www.nakamoku.jp/index.html)の 仕事現場にも行ってまいりました。

ただ今は、お寺の住職さんのお住まいを建設中とのこと。このお寺は幼稚園も経営されていまして、実はワタクシも卒園生です。ワタクシが覚えている一番古い記憶は、この幼稚園の運動会でして、みんなで整列して歩く中、何故かワタクシ一人、「こっちに行く方が正しいんだ」 などと思いながら列を外れて壁に向かって手を思いっきり振りながら歩き、先生に列に戻される、そんな場面です。強烈に恥ずかしいと思ったのか、今でも鮮明に覚えています。(まぁ、その頃からoutsider的要素があったと言えるのかもしれませんが。。。^^;) 

園長先生から、卒園時に 「小粒でぴりり」 の愛称をいただくなど、大事な思い出がたくさんある場です。 

080814 お盆 067.jpg

 ↑15年前に改修した本堂です。美しい妻面ですね。当時は銅板の破風が眩しかったのですが、良い色に落ち着いてきました。清楚な印象さえ抱きます。

080814 お盆 066.jpg

↑新築のお住まいです。建て方も終わり、瓦も乗り、土壁の下塗りが終わったところです。この屋根の形(入母屋)は、この地域の伝統の形と言ってもよいと思います。これがなかなか難しいものでして、センスが無いと見た目の悪いバランスの悪い形になります。下手に手を出すと危険とでも言いましょうか、技がいるようです。

080814 お盆 058.jpg

↑長~い松梁が何本か入っていますね。見るからにしっかりしてそうな小屋組です。

080814 お盆 053.jpg080814 お盆 064.jpg

柱と柱の間を横材が貫く(貫:ヌキ)と、斜めの材(筋交:スジカイ)、タテヨコに組んだ竹(竹小舞:タケコマイ)、土壁で構造耐力を確保しています。柱と梁には汚れないように紙を巻いてから、組み上げ(建て方:タテカタ)ておきます。

080814 お盆 054.jpg

↑丁度、左官屋さんが中塗りをしていました。下塗りが乾いたら、中塗りです。

080814 お盆 059.jpg080814 お盆 061.jpg

↑土やら、ワラスサなどが入っています。構造合板と釘で固める住まいが最近の主流だと思うのですが、古くからの技の結晶である土塗り壁でつくる住まいも良いものです。何せ、長持ち。リサイクルも出来ますし、身近な自然素材からつくられているので健康素材そのもの。地球に人にやさしい材料と言えましょう。最近は、断熱性能として優秀であることもデータで示されるようになりました。

これを東京でやるとなると、費用面で心配。だけれど、新築時が一番美しく、年月とともに汚れる道をたどることの多い新建材よりも、土壁は長くその美しさを楽しむことが出来ます。是非、やってみたいものです。

次回、三重に帰るのは9月28日の浦和レッズvs名古屋グランパスの試合に合わせて。また進んだ現場が見られるかな。楽しみです!!!


コメント(0) 

材木屋のものづくり [中村木材レポート]

「国産松はもう流通しなくなった。」 「腕の良い大工さんはもういない。」 そんな文言を東京にいるとよく聞くのですが、本当かなぁ~なんて、いつも疑いを持って聞いてしまいます。

このお正月も実家に帰省しました。親戚も交えて、地酒と義姉の力作のおせち料理にお腹一杯、心も一杯。この三重県は四日市市にある実家、原木丸太を市場から買付、製材、乾燥から始まって、住宅まで建ててしまう工務店です。(中村木材㈱http://www.nakamoku.jp/index.html) 物というのは、問屋さんや小売業者を渡り歩く間に、どんどんと値が付き、消費者の手元に届くころには膨らみに膨らんだ値段になって販売されるもの。この間に入る業者さんをいかに少なくするかというのが、減額には欠かせません。なのですが、インターネットの世界で楽天が十分地位を確立しているように、問屋さんは問屋さんで、物をきちんと見て、物とお金の交換を保障をしてくれることが多いので大切であることは確かです。それに対し、我が実家の場合は原木を買うところから始まりますので、家が建つまで間に入る業者が少なく、その分、安く建設することが可能です。10年社会を旅した目から見ても全く魅力的でして、地味にじっくりと、良い物をつくる、地元密着企業ならではの仕組みです。

ワタクシの新年は毎年、父と兄、設計屋の夫と共に、中村木材㈱がその時取り組んでいる現場と、端正な大工技術でつくられた神社やお寺などを巡ることから始まります。今年は平屋で、設計料、外構込みで坪60万円なんてビックリ価格の住宅現場を見て、またビックリ。伝統的な仕口継ぎ手を使った大工さんの手刻みで、地松(国産松)の梁も使って。ウ~ッム。設計屋として、これ以上のものをつくれるだろうか、、、イヤ。イヤ。負けてられません。頑張りますよ。

去年取り組んだ仕事の写真も見せてもらいながら。。。

↑地松の原木で、子供のころは皮むきを手伝ったものです。この皮がなかなか良い風情なんです。

↑長い梁材は湾曲したまま、長いまま使う方が建物の強度としても強くなります。原木を長いまま、湾曲したまま製材します。

↑原木を製材後、天然乾燥中。割り箸みたいに見えますが、左上の物置をスケールとしてご確認を。

↑きちんと乾燥した木を使うことが、家を強くするこつです。中には、10年、20年乾燥させた地松やケヤキもあったり。。。活躍の時を静かに待つ、この銘木を見ているだけでも元気が出てきます。材木屋ですので、もちろん材木も販売しています。神奈川や熊本あたりから、買い付けに来ていただいたこともあるとのこと。

↑お世話になっている大工さんです。朝6時半にはお見えになるとか。。。寺社仏閣も刻んでいただいているとのこと。ほとんどの接合部を伝統的な仕口、継ぎ手で組みあげてしまうそうです。接合部の図面なんてありませんから、頭の中に入っているのでしょう。やっぱり大工さんはすごいです。

↑先に記した坪60万の家ではないですが、昨年建て方をした平屋の家とのこと。長物の地松に小屋梁の松に。これでもか、というほどの木の姿組です。。。

↑梁の上に束(タテ方向の材)を乗せます。湾曲した梁にのせるわけでして、湾曲分も計算して材料を刻まなければなりません。図面無いのに大工さんは刻めるわけでして。全くもって脱帽です。。。

↑壁は3尺ピッチ (910㎜ごと) に柱を立て、貫 (横方向の下地) を通し、竹小舞で土壁を塗ります。竹小舞なんて、東京だと貴重価値が相当あるのですが、標準仕様なんですよね。これが。。。

↑さすが、材木屋ですわ。松梁の力強いこと。

↑三重ではよくみられる、「せいがい造」 の軒です。日本で一番降雨量が多いのは三重県尾鷲市ですが、この地方は雨が多く、軒を深く出して雨から建物の外壁を保護します。この軒裏の杉板も、小梁も、まさに腕の見せ所。

↑完成した空間です。古くからある民家です。この地域では、柱は桧で、梁は松、杉は天井板として使うのが通常。力強い松丸太の小屋梁は隠れてしまい、少し寂しい気もしますが、松の鴨居(建具の上の材料)は見事な物です。1本の原木から一部屋四周すべての梁を木取りしていることもあるとのこと。さすが材木屋です。。。。

ワタクシが学生の頃は大学では木造は教えてもらうことはありませんで、東京に出たころは、何ともこの民家が好きになれなかったというのが正直なところ。社会に出て、木造の実施設計に携われば携わるほど、この銘木と知恵の集積には強烈に魅せられる魅力があります。何と、繊細で力強いことか。

 

「古くからの民家風はちょっと。。。」 という三重県四日市周辺で住まいづくりをお考えの皆様、木材調達先と施工部隊には自信があります。設計は今風にワタクシが。是非、ご一緒に、住まいづくりを楽しみませんか?


コメント(0) 
中村木材レポート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。